テーマ:街づくり

二子玉川の再開発

 11月24日火曜日 【進む建物の建設】  二子玉川再開発地域の建物の建設が急ピッチに進められています。写真は玉川高校跡地のグランド部分から見た住宅建設の現場です。100メートルを超える建物が次々と建てられるなど周辺環境を壊すことは明らかです。  周辺道路の組み換えが頻繁に行なわれ、ここでも住民の安全や足を無視した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法の網

11月11日火曜日   午前中は、事務所で第4回定例会に向けた準備。午後から社民党の控え室で、区民からいただいたご要望を中心に、区とのやり取りとなりました。  法の網をくぐるとはよく言ったもので、実にうまくすり抜けるものだという印象。これは斜面地における建物の規制に関連しての感想です。  下から見上げると5階建てに見える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区政報告会のお知らせ

羽田圭二の今期の取り組みを住民のみなさまにご報告し、みなさまの ご意見をお聞きする会を開催いたします。 これまで私は「街づくりは住民の手から」をキャッチフレーズに区議活動を 続けてきましたが、「本当に暮らしやすい街・世田谷」を構築する上で、最も 大切なことは、住民のみなさんの声を区政に反映していくことであると考え ます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世田谷区長選

3月20日木曜日 もうだまされないでください。 今日ここにいらっしゃる方は、だまされていないでしょう。 しかし、住民の方がたの多くがだまされています。 熊本区長は、道路計画を2倍のスピードで進めるとしてきました。 その大きな理由のひとつに、消防車が道路を通れないことを挙げています。 熊本区長就任直後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルデザイン

3月7日水曜日 都市整備委員会の招集。議案審議は、新条例案に対して行なわれた。ユニバーサルデザイン推進条例の制定。  区は、福祉のいえまちづくり条例によってバリアフリーを推進してきた。この根底には住民参加による街づくりがある。住民、利用者の立場に立った街づくり。これが今薄らいでいる。、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南北交通

12月20日水曜日 朝等々力駅頭で街頭演説。午前中は資料作成におわれる。夕方から今年度最後の会派総会のため経堂へ。来年は統一自治体選挙のため、話題はポスター、リーフなどの話に終始。ところで、区内の南北交通の改善は古くからの課題。玉川地域から小田急線に出るには、バスを利用する場合が多いが、これが時間どおり来ない、遅れるという状況だ。この日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もめごとのタネ

11月26日日曜日 建築紛争の経験を持ち寄り今後の課題を明らかにする。都内・関東周辺から大勢集まった。法律や事業者の対応にぶつかりながらも街づくり条例や地区計画など、現行法の範囲内での、制度化の課題。また、その制度化に向けた問題の顕在化や横とのつながり、大変有意義な会となった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二子玉川

11月24日金曜日 朝上野毛駅頭。午前中は区議団総会で代表質問の読み合わせ。12時から二子玉川東地区再開発問題の現状についてお話を伺った。現在再開発区域の地権者の権利変換手続きが行なわれている。仮店舗や新店舗・代替地などが示されているが、その要望が必ずしも受け入れられていないことや、権利変換の基準などもあいまいなため疑問が投げかけられて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築紛争

11月21日火曜日 社民党政治スクール。稲垣道子さんのお話。環境審議会の変遷など具体の建築紛争などを交えながらの話は大変わかりやすかった。世田谷区は全国に先駆けて街づくり条例を制定したが、街づくりにおける住民参加がここ数年形骸化している背景が見えてきた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景観

11月17日金曜日 朝から少し寒い日となった。上野毛駅での街頭演説を済ませ、事務所経由で区議会へ。午前中はマンション問題の陳情と事業者側の説明が重なった。今ある景観をいかに保つか、これも新たな課題となっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然林

11月13日月曜日 朝夕、二子玉川駅頭。昼間久しぶりに神明の森三ツ池を覗いてみた。自然林の中に野鳥の声が聞こえた。区が以前から、自然のまま保全地域に定めた箇所である。  昨日の夕方、玉川3丁目丸紅が建てようとしているマンションの工事説明会があった。多摩川の堤外地に建てられるマンション敷地面積一杯、建設に伴った6㍍の道路が確保されるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

景観重視

11月8日水曜日 朝、等々力駅頭で区政報告。昼間は道路整備促進大会に都市整備委員長として出席。この大会は毎年都内の区市町村の代表が集まり、国や都に陳情をおこなうというもの。行政や団体からの報告では墨田区長の興味深い。「墨田公園は高速道路によって寸断。経済効率からそのようになったが、今は経済効率より景観重視が求められる。」というような下り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の街

10月24日火曜日 午前中は外回り。中原街道から首都高速道路へ入るがどこも渋滞だった。上野出口から目的地へ、再び昭和通りから新橋へ、最後は銀座。銀座通りはさすがに東京の街という装い。道幅も歩道の幅も広く圧迫感がない。午後2時区議会、会派総会の招集。予算要望を整理し、他会派議員とともに二子玉川再開発について現状報告を伺う。夜は、「羽田圭二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイク駐車

10月18日水曜日。 本日は朝等々力駅頭に立ち街頭演説。8時20分に引き上げ、午前午後とも組合大会での挨拶。その途中、渋谷の繁華街の路地裏でバイク駐車場を発見した。定期、日ぎめと二通り。6月の道路交通法の改正で、大型バイクも違法駐車の対象となっていることから駐車場の確保が欠かせなくなっている。すでに満車だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斜面地規制

9月30日土曜日 昨日の本会議で条例改正案が可決。斜面地における建築物の在り方について規制が強められた。斜面地における建築物は、これまでにもたびたび議会で問題となり、地下住宅部分が容積率に含まれないことと合わせて、建物の高さを測る際に基準となる平均地盤面の位置が斜面地の高い部分から取られるなどその位置について議論が繰り返されてきた。今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨水対策

9月27日水曜日 短時間に大量の雨が降る。最近の都市部における集中豪雨の特徴。河川や下水の改善と合わせて、道路の側溝のあり方なども点検が必要になっている。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自動二輪車

9月26日火曜日 都市整備委員会に条例素案が提示された。自動2輪車の違法駐車防止対策条例。単に取締りではなく駐車場の確保を行なっていくことなどは各委員の共通認識。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水辺環境

9月16日土曜日。川崎市の用水を視察。せせらぎ復活事業の一環としての取り組み。世田谷区も烏山川緑道など清流復活事業を展開してきたが、今後も期待されている。自転車で二子橋を渡り大山街道を3分。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車

9月14日木曜日 ここのところ自転車走行環境の改善を迫っているが。その壁は厚い。特に自転車道をつくるという点では、既存の道路には難しいというのが区の見解。それなら新設の道路につくるべきと思うが、新たな発想が見受けられない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下構造物

9月9日土曜日 温泉掘削について要綱案が提示された。この間区内において温泉掘削申請が相次いだ。この事務は東京都で行なっているが、掘削による地下水への影響が懸念されるため、急遽、要綱づくりへと発展した。地下1kmから1.5kmを掘削することから地下水域を通過するため、湧水保全等を行なってきた地域においてはその事前・事後の影響調査を求めた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築規制

9月7日木曜日 午前中は、都市整備委員会。この間の議会で議論になっていた住宅地におけるドライエリア問題に一定の方向性が出された。といってもドライエリア一般を規制する内容ではない。  第1種および第2種低層住居専用地域の場合、通常建物の高さは10㍍に制限されている。しかし、一定の条件を整えれば12㍍の高さまで建てることができる。この条件…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高層建築

9月2日土曜日 北烏山の100メートルマンション。総合設計によるものだ。どれほどの圧迫感があるか。同じ通りには朝日生命跡地があるが、その違いに驚く。敷地一杯の建物でなければ採算がとれないというが、道路ぎりぎりに建物が聳え立つ。景観はどこに行ったのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険箇所の総点検

7月31日月曜日 昨日は、喜多見地区懇談会で指摘された危険箇所の現場へ。日曜日なので車の数は少ないが、横断歩道のない道路を渡るのは危険極まりない。僅かな時間に自転車に乗る親子連れや青年が注意しながら渡っていた。以前議会でも指摘された問題だったと思うが再度調査を開始したい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路計画

7月29日土曜日 午前、北区滝野川の区道整備を視察した。(写真)上馬・野沢・下馬・三軒茶屋周辺地区街づくり協議会の主催で道路整備の在り方を研究するために企画された。写真は、歩道幅員2㍍×2、車道幅員約6㍍。一方通行の道路で、車の通行はほとんどない。道路のあり方にについて5回のワークショップ、道路計画に住民意見が反映された。住宅街のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百年の杜

7月12日水曜日 都市整備常任委員会の視察。仙台市の緑化計画について学んだ。興味深かったのは緑視率という考え方。実際目で見た植栽状況を重視する。年々失われる緑をどう残すのか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外郭環状道路

6月19日月曜日 都市計画案および環境影響評価の説明会。会場の砧小学校は、すでに会場が一杯になっていた。地下大深度工法による道路計画への変更だが、地元住民からは多くの疑問点が出された。特にジャンクション部分は地上に出てくるために、騒音や振動、大気汚染などの不安が寄せられた。また、ドーム状に覆うなど道路の形態について具体的提案もあった。国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大井町線急行化

6月17日土曜日 上野毛駅改修工事説明会。以前にも触れた上野毛駅のバリアフリー化と急行追抜き線の線増工事に関して東急側から説明。住民からは、急行化についての疑問、工事の際の振動、地下水への影響、駅舎や駐輪場のあり方などについて意見・要望が出された。東急は、「駐輪場の運営・出入り口など今後さらに近隣住民と協議を重ねていく」としている。自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街づくり条例

6月5日月曜日 夜、社民党自治体議員団勉強会。新たな街づくり条例策定の動き。今年4月から街づくり条例を施行した練馬の条例について。都市における街づくりの特徴として住民が現に住んでいる市街地の再編の課題がある。様々な異なる住民の意見を如何に取り入れながら進めていくのかが重要だ。今の法律の限界、その範囲では意見反映は不十分になっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

装飾灯

6月2日金曜日 駒沢給水塔の装飾灯が6月1日から7日まで点灯されている。地元の給水塔風景資産保存会が見学会を開催した。最初に弦巻区民センターでビデオ上映、その後、給水塔まで移動し、夜空に灯された装飾灯を見学した。写真を撮ったが画像がうまく出ないのが残念。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒沢給水塔

5月31日水曜日 区内にある駒沢給水塔は関東大震災の年に開設された。地元の給水塔風景資産保存会の方からお話を伺った。砧下浄水場からの水は、水道道路を通り駒沢給水塔へ、高い位置にある塔から渋谷方面に水を自然に通す手法が取られた。お城のような建物が人々の心を和ませる。給水塔屋上の点灯が6月2~3日行われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more