結成70周年

9月26日木曜日
◆東京清掃70周年
 戦後間も無く生まれた労働組合組織の周年行事がおこなわれました。
B1A2D3F3-61F6-4DE8-BAF3-CF4457DC2C7E.jpeg
 東京清掃労働組合は、都内23区で働く清掃労働者で組織しています。
 東京都から23区各区に事務移管されたのちは、収集運搬が都職員から区職員へと、また、処理処分が一部事務組合に委ねられました。
 歴史と伝統のある東京清掃労働組合は、さらに前進していきます。

土地の未利用地

9月25日水曜日
◆公務員宿舎跡地利用
 午前中は、地方分権・本庁舎等対策特別委員会の招集、国家公務員削減計画による宿舎の廃止に伴う跡地利用について報告がありました。
B9B85345-5232-4083-AB2F-4F84C1782844.jpeg
 世田谷区内には公務員宿舎として活用されていた国有地が数多くあります。区にとっては、この土地確保は、保育園や特養など福祉施設の用地と重要です。
 今日の報告は、面積等によって用地として適さない土地を除き、土地確保を行うことで福祉施設の建設につなげられてきたことが伝えられました。

経済政策と産業振興

9月24日火曜日
◆区内経済と区民生活
 今年三月に発行された世田谷区経済産業白書は、世界と国内の経済動向が世田谷区内経済に与える影響という観点からの分析が行われています。
  経済は区民生活を向上させるためにあるという視点から区内経済の状況、その下での区民の生活実態をとらえかえすことが必要と考えています。区の経済白書からは見えない区民の労働と生活の実態を見ることから、雇用や生活支援、産業振興策を打ち出すことではないでしょうか。
860FAF5D-C5F7-4E6F-9141-B13434AC7610.jpeg

豪雨災害対策

9月23日月曜日
◆豪雨災害
  昨年の夏、一時間に110ミリを超える大量の雨が降り、床上浸水や地下駐車場に水が流れ込むという被害が出てしまいました。
 区議会では、改めて豪雨対策の強化が指摘され、区は雨水管の整備を進めるとしてきましたが、その進捗状況が問題視されています。
 
6BB1D9A2-A97B-4B0E-B0CB-34148C0B259D.jpeg

秋祭り 大いに盛り上がる

9月22日日曜日
◆神輿巡行
 昨日に引き続き、野毛六所神社の例大祭、心配された台風の影響もほとんどなく、全ての日程を終了しました。
9B457120-4876-457B-89F4-53BAD1600B73.jpeg

野毛六所神社例大祭

9月21日土曜日
◆宵宮
 御社殿建立50周年記念の式典もおこなわれました。明日22日の大人神輿巡行の準備等をおこないました。昨年から一年かけて修善された大人神輿も披露されました。
 
 夜は毎年恒例の奉納演芸、地元の皆さんとともに参加しました。
ED044C61-E172-4853-B343-CC6F1CFB9602.jpeg

会計年度任用職員制度

9月20日金曜日
◆企画総務委員会
  午前9時半から正副打ち合わせ、午前10時から企画総務委員会の招集、付託された議案の審査がおこなわれました。付託された議案はすべて採択されました。
  
今回提案された議案のうちに、会計年度任用職員制度の導入にかかわる条例提案がありました。
  公務員の職場に広がった格差、正規職員と非常勤職員・臨時職員の格差縮小に向けた対応として地方公務員の改正による条例の制定です。
  自治体行政の肥大化のもと、限られた財政の中で人件費削減が求められ、その結果として正規職員の採用ではなく、臨時・非常勤という職が増やされてきました。
 臨時・非常勤とは言っても職員と同じ仕事をして同じ時間働いても賃金や待遇の面で格差が生じていました。
 今回の提案は、非常勤・臨時的職員を「会計年度任用職員制度」に移行することで期末手当等の支給対象とし格差是正を一歩進める内容です。
  ところが、臨時的職員として広げてきた職によっては移行できないものもあり、その改善の方向が問われています。